一番処方されている低用量ピル「トリキュラー」の特徴!

アダルト

一番処方されている低用量ピル「トリキュラー」の特徴!

「トリキュラー」って?

トリキュラーは、第2世代の経口避妊薬です。

定期的に服用することで妊娠を防ぎます。

トリキュラーには、レボノルゲストレルと

エチニルエストラジオールの2種類の女性ホルモンが

配合されています。これらの女性ホルモンを定期的に服用することで、

「LH・FSH」という排卵に必要なホルモンの分泌量を減らします。

排卵を起こらなくすると同時に、子宮頸管粘液の粘度を上昇させて、

精子が子宮内へ入らないようにしたり、子宮内膜を受精卵が

着床しにくい状態にします。

女性の生理的ホルモン動態に対応させたトリキュラーは、

サイクルコントロール(月経周期調節性)が良好な薬剤といえます。

服用方法

生理開始日から服用を開始します。

1日1錠を毎日同時刻に、シートに定められた順に(淡褐色糖衣錠から開始する)

21日間連続投与し、7日間休薬する期間があります。その間に生理が来ます。

以上28日間を投与1周期とし、出血が終わっているか続いているかにかかわらず

29日目から次の周期の始まりとなります。(次の新しいシートの薬を服用する)

副作用はないの?

https://www.b-lab.jp/ambassador/img/01684.jpg

出典 http://www.b-lab.jp

本剤を飲み始めて1~2周期の間は軽い吐き気、乳房の張り、

または生理以外の出血が現れることがあります。また人によっては、

ふくらはぎの痛み・むくみ、突然息苦しくなる、胸痛、激しい頭痛、

見えにくくなるなどの副作用が現れる場合があります。

症状がひどい時には服用をやめて、医師へご相談ください。

女性ホルモンの働きで血栓症などの症状が現れる場合があります。

個人輸入で薬を購入する場合の注意点

まずは婦人科で診断を受け、トリキュラーの処方箋がもらえる状態かどうか、

確かめて下さい。

既往症によっては、服用できない場合もあります。

また、飲み忘れに気付いた際は、それが1日以内の場合、思い出したとき

すぐに服用してください。さらにその日の分も通常どおりに服用します。

また、2日以上連続して飲み忘れた場合、今回の服用を中止して、次の月経を

待って新しいシートで服用を再開してください。

※飲み忘れにより妊娠する可能性が高くなりますので、その服用中止の期間は

他の避妊方法を用いなければなりません。

低用量ピル トリキュラーのメリット

女性ホルモンを補充する役割があるので、生理痛が軽くなったり、

出血量も減るので、貧血症状の緩和に役立ちます。

また、生理が規則的になるので、旅行の計画などが立てやすくなります。

生理前症状(PMS)の緩和にもつながります。

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ